レンタルドレス ウェディング

一生に一度のことだから、せっかくなら結婚式では自分好みのウェディングドレスを着たいという女性は多いですが、ウェディングドレスを購入するとなると費用も高額です。ある調査ではウェディングドレスを実際に購入した人の約2割はウェディングドレスの費用だけで30万円以上かかったという結果が出たように、結婚式を挙げる上でウェディングドレスにかかる費用はかなりのものです。しかし、結婚式では衣装代だけでなく、会場代やゲストをもてなす食事代など結婚式全体にかかる費用自体が高額なほか、これから始まる新生活のためできるだけ貯金しておきたいというカップルも少なくなく、最近はできるだけウェディングドレスにかかる費用を抑えたいというカップルも多いですが、そんな時はレンタルドレスがおすすめです。

レンタルドレスを利用するメリットとデメリット

結婚式で実際にウェディングドレスを購入するという人もいますが、ウェディングドレスを購入するという人は全体の1割ほどで、残りの9割はレンタルドレスを着て結婚式に臨むという人が大半となっています。そんなレンタルドレスは、実際にウェディングドレスを購入するより費用を安く抑えられたり、保管の手間が無いなどメリットも多く、気軽に利用できるのも特徴のひとつとなっています。また、種類も豊富で、さまざまなタイプのドレスを試着して決めることができるのも利用しやすいポイントのひとつとなっています。しかし、いくらウェディングドレスを購入するよりも費用が抑えられるからといっても、レンタル料は決して低くはなく、レンタル料金だけで20万円以上かかってしまう場合や持ち込み料が発生する場合も少なくないため、レンタルドレスを利用する場合は注意も必要です。

安くレンタルドレスを借りる方法とは?

レンタルドレスを利用するなら、できるだけレンタル費用は抑えたいものですが、そんな時は格安でウェディングドレスをレンタルすることのできる業者でドレスをレンタルするのがいいでしょう。最近は安くウェディングドレスを借りることのできる格安レンタル業者は増えていますが、安いものであれば2~3万円からドレスをレンタルすることができるところもあるので、できるだけ安くドレスをレンタルしたいという人は、格安レンタル業者は必見です。また、近頃はドレスのレンタル料金込みの結婚式場プランも続々と登場しており、予算内で決めたい場合や、仕事でなかなか時間が取れないという人は結婚式場のセットプランを利用してみるのもおすすめです。その他にも、レンタル業者の中には2着目半額などといった割引サービスが用意されているところもあるので、ドレスを安くレンタルしたい場合は割引サービスが充実している業者を探してみるのもおすすめです。