レンタルドレス ウェディング

ウェディングのレンタルドレスを考える場合、気になるのが料金だと思います。レンタル料が挙式の費用全体に占める割合は決して低くありません。では、実際の相場はいくらなのでしょうか。安いものだと10万をきるものもありますし、ブランドのものなどは40万を超えるものまでありますが、平均として一着単体で20万~30万前後だといわれています。この価格の違いはブランド価格ということもあるでしょうが、一番の理由は素材にあるといえます。通常の平均価格内のレンタルドレスでも、シルクやミカドサテンなど華やかで上質な生地を使っているためにそれなりの価格になってしまうのです。もちろんデザインも豊富で生地もしっかりしているので安心して着ることができると思います。また低価格のものはデザインがシンプルなものが多く、レースも装飾も少なめなものが多いようです。

ウェディングでレンタルドレスを安く借りる方法とは?

ウェディングで満足のいくレンタルドレスと出会うためには、予算とイメージを最初にしっかり持っておきましょう。いいドレスをできるだけ安くしたいという場合、おすすめなのが、レンタルドレスショップで行われている様々な成約特典を活用する方法です。例えばドレス単品でレンタルするのではなく、ドレスとタキシードのセットでレンタルすると通常価格より安くなったり、2着目のレンタルドレスが値引きされたりと、お得にレンタルすることができるのです。ですから、そのような特典を揃えているショップでレンタルするのがおすすめです。またアクセサリーやベール、靴などの小物も意外にお金がかかるものですから、それらが価格に含まれているセットを探したり、あるいは小物類はご友人やご親族の中でお持ちの方に借りるというのもいいですね。

ウェディングのレンタルドレスの注意点は何でしょうか。

またウェディングでのレンタルドレスの準備方法は大きく2つあります。式場やその式場が提携をしているショップからレンタルする方法と、式場と提携していない別のところでレンタルする方法です。どちらかというと前者の方法を利用する人が多いでしょう。式場と提携している場合は、何らかのトラブルがあった時でも対応してくれるので安心して任せることができます。反対に提携以外のショップなどでレンタルする場合は、ドレスの持ち込み料が発生したり、式場成約時につけてもらえた特典がなくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。式場によっては一切持ち込みが禁止になっているところもありますので、式場成約前に確認が必要です。また式場探しの際にはそちらのレンタルドレスを見せてもらい、好みのドレスをいくつか探しておくのも忘れずに、無駄なお金がかからないようにしましょう。