レンタルドレス ウェディング

ウェディングドレスは一から作ってもらいたいという方もいれば、レンタルで大丈夫という方と、さまざまです。オーダーメイドで作ってもらうメリットはプロのデザイナーが自分に寸法も見た目も似合うものを作ってくれるという点です。ただ打ち合わせから完成までは時間がかかりますので、じっくりと時間をかけられることが大切です。また体型が変わらないという点も大切です。オーダーメイドはピッタリの体型で作る事が多いので激やせも劇太りも大問題です。レンタルドレスの場合、時間をかけて選ぶことも、打ち合わせの一日で選ぶことも可能です。また何より一度着て、持ち帰る必要が無いのでタンスの肥やしを増やすことがないです。デザインが限定される、最新のものは高額になることが多いですが、自分で保管する必要が無いという点は最大のメリットです。

ウェディング用のレンタルドレスはどこで借りる事ができるのか

レンタルドレスは式場で借りる事もできますし、他の貸衣装屋さんや、ウェディングドレスを仕立ててくれるお店に併設されていることもあります。写真館などでもレンタルをしている場合があります。ただ式場に持ち込みをする時に持ち込み料がかかる事もありますので、借りる金額と持ち込み料を合わせて金額は考える必要があります。また式場を紹介してくれる業者に相談をする方法があります。直接式場と交渉するよりも、業者を通じて交渉をする方がドレスだけでなく、式そのものが安くなる場合もあります。そしてレンタルドレスをどこで着付けるかを考える事も大切です。これは式の形にも寄りますが、やってくれるだろう、持っているだろうという考えでは、実はヘアメイクができなかった、小物が足りなかったというミスも出てきますので、安さだけでなく着付けや小物なども重視することが必要です。

ウェディングのレンタルドレスを安く借りる方法

通販などで検索すると、格安のウェディングドレスを見つける事ができます。もともとレンタルドレスだったものや、オーダーメイドしたが、保管に困り売ったものなど様々です。ただ保管状態やデザイン、サイズが豊富というわけではない上に普段着とは違い、少し大きくても大丈夫といってSサイズの方がMサイズを購入すれは、悲しい結果になります。レンタルドレスの強みは、金額もサイズもデザインも豊富である点です。なんとなく可愛い物、なんとなくシックなものというイメージであれば、それこそ気になる物から好きなものを選び、気に入らなければ何階でも選び直すことができます。また早期予約をすることで安く借りる事ができる式場もあります。他にも業者を通じて式場予約をすることでも安くなることもありますし、古い衣装を借りることで安くなることもあります。何にこだわるのかは花嫁次第ですので、じっくり考えて満足できる御式をしてほしいです。