レンタルドレス ウェディング

美しいドレス姿の花嫁は、結婚式の主役ですが、そのドレスの手配には、費用がかなりかかってしまうものです。統計によると、10人のうち1人が購入、9人がレンタルドレスでウェディングに臨んでいます。なぜレンタルが大多数を占めているのか、レンタルドレスをウェディングで使用する長所をご紹介します。ウェディングドレスは、レンタルでも高価ですが、購入するよりは安いことが一般的で、結婚式場のプランの中にレンタルドレスの費用が含まれているケースも多いです。ドレスを保管しておく手間もかかりません。レンタルが主流であるため、品揃えも豊富で、小物もセットでついていることもあり、新郎や家族の衣装も取り揃えられます。また、ドレス決定後結婚式当日までに、妊娠等で身体の変化があってもサイズ変更できるので安心です。

レンタルドレスを安く借りるにはウェディング会場と交渉を

先程述べたように、プランの中にレンタル費用が含まれていることが多く、レンタルドレスをウェディング会場に自分で手配して持ち込んでも、衣装分の値引きはできないと言われる場合があります。そもそも式場にドレスの持込みは可能なのか、プラン内でどんなドレスが借りられるか、自分で手配する場合は着たいドレスのレンタル代はいくらなのか、式場に申し込む前に検討、交渉をすることが衣装代を抑える第一歩です。式場見学と同様に、ドレスショップも基本的には予約が必要です。そして、1回の試着で着られるドレスの数は限られていることが多く、決定までに何度かショップに足を運ぶことになります。ショップによっては、写真撮影不可であったり、試着数何点目からは有料となっていたりすることがあるので、事前確認をお忘れないようにしましょう。

レンタルドレス店を複数比較で納得いくウェディングを

予算を決めずにショップに行くと迷ってしまい、値段交渉しにくいです。事前に相場をリサーチし予算を決め、予算内で手配できるショップをリストアップして比較検討をしましょう。交渉時に伝える予算を揃えると、ショップ間の品質を比べやすくなりますし、同じ予算の複数店舗の情報を得ることで、本命店で更に値下げ交渉ができます。ホームページに料金が書かれていないショップは、ドレスは予算内でも、後から小物等で追加料金をと言われることがあるので、料金が明記されているショップで手配することをお勧めします。また、レンタルドレスを提携外のウェディング会場に持ち込む際の持込み料を負担してくれるショップもあるので、聞いてみましょう。衣装代の節約は、結婚式費用の大幅な節約に繋がります。生涯の記念になるイベントですので、シビアに検討しましょう。